HOME>記事一覧>成人式にて身に着けるべき礼服に関すること

冠婚葬祭の礼服について

日本では様々なライフステージや晴れの日をみることができます。入学式や卒業式、結婚式がその代表的なものと言えます。こうした人生の門出であり晴れの日には礼服を身に着けるのがマナーです。入学式にはスーツを卒業式には袴、結婚式には白無垢やウエディングドレスを身に着けます。成人では女性の多くが振袖を身に着けます。特に名古屋市では、名古屋人が好む絢爛豪華な文様が特徴的な振袖を着た女性を見ることができます。

成人式の装いトレンドカラー

名古屋市の成人式で見られる振袖には、一定の傾向があります。それは名古屋人が好きな金色の文様であったり、ゴールドの髪飾りや帯どめなどでアクセントがつけられています。金色は絢爛豪華で、成人式の晴れの日に最適なカラーと言えるでしょう。また振袖自体にもトレンドがあり、2021年はグリーンカラーの振袖がトレンドになると言われています。

礼服の調達法

振袖は二十歳の美しい女性の肌をより綺麗に引き立ててくれる衣装です。しかし振袖は正絹であり、絵付けや絞り、織などは熟練の職人によって手作りされえており非常に高価な礼服です。購入すると数百万円は下りません。そのため最近では購入するよりもレンタルで準備する人が多くなっています。名古屋市でも成人女性の八割がレンタルで振袖を調達すると言われています。レンタルであれば三十万円前後ですべて揃います。

成人式の礼服に見るトレンドと調達法

成人式という晴れの日には礼服を身に着けなければいけません。二十歳の女性の多くが振袖を身に着けます。振袖にも毎年トレンドカラーがあります。2021年のトレンドはグリーンカラーと言われています。名古屋市でも多くの女性がレンタルによって振袖を調達しています。

広告募集中